LGBTの独身女性としての一生はいくらで買えるか

LGBT

2016/9/10

LGBT、特にレズビアンが抱える不安はいろいろありますが、最たるものは「お金」ではないでしょうか。

前回のLGBT関連の記事「LGBT女性のためのiOSアプリ「LING」を使ってみたまとめ」の中で少し触れた「独身女性がひとりで生きるのにいくらかかるのか」を昔のメモからまとめました。LINGでつぶやいたときもそこそこ いいね!をもらったので、参考にしてもらえると幸いです。

免責事項
こちらは私が未成年のころのメモを書き起こしています。経済的側面の大部分は景気などで大幅に変動しますので、概算として捉えていただければと思います。

9桁はかかる

概算では1億6,450万円の計算です。
これには前提となる仮定があります。

  • 現在は30歳
  • 基本生活費は月に20万円(年間240万円)
  • 40歳で3,000万円のマンションを購入
  • 65歳で退職(退職金1,500万円)
  • 85歳で死去

死去の年齢まで見積もっているところがなんとも物悲しいですが…(笑)

日本の男女別では、女性が世界首位の86.8歳、男性が6位の80.5歳。
2016年5月19日付 日本経済新聞

一応こういうソースがあるので、寿命という点では誤差の範囲かな?

イベント別・おいくら万円?

30歳/保険に加入:108万円

30歳で加入し60歳までの30年間払い続けた場合です。

月3,000円の医療保険を支払うとして、3,000円×12ヶ月=36,000円が年間の支払額
なぜ医療保険なのかというと、生活するうえで面倒をみなければならない扶養家族(子どもなど)がいないのであれば、自分の死亡後は考える必要がないためです。

病気やケガで入院してしまうと稼ぎ頭がいなくなってしまうので、その間にかかる費用をまかなうためにも入院給付金が支払われるものを選ぶのは絶対条件。

この入院給付金の日額はプランによって選べ、5,000円や10,000円が一般的なようです。すべての費用を入院給付金でと思うなら10,000円は必要でしょうが、そのぶん毎月支払う保険料が高くなるというしくみ。

5,000円給付のプランにして自分で別途で貯金しておき、足りないぶんはそこから支払うというのが私個人のファイナルアンサーです。
入院するかもしれないし しないかもしれない、しかもいつか分からないですから。

このあたりはご自身の金銭的なバランス感覚によると思います。

40歳/住宅購入:5,020万円

前提で「3,000万円のマンション」と書きました。
一括で支払えればいいですが、かなりの大金ですのでやっぱりローンを組むことになりますよね。

  • 頭金(購入代金の2割):600万円
  • 諸費用(仲介手数料、税金など購入代金の約6~10%):200万円
  • 25年ローン(金利2.9%):3,400万円
  • 修繕積立金・管理費など:月額15,000円
  • 引越・家具など:100万円

3,000万円のマンションだからそれだけ!というのではなく、いろいろな費用がかかってきます。賃貸物件でひとり暮らしの方は管理費などなじみがあるのではないでしょうか。

ちなみに上記は40年間住んだ場合。持家の扱いなので、自分が住まなくなったら賃貸に出せるよう、立地を考慮して選ぶのも重要です。

親の介護:2,400万円

施設か自宅かで介護費用は違うので、こちらは有料老人ホームに10年間入った場合です。

  • 一時金:100万円
  • 月額:20~25万円

介護士や施設の不足、入居の順番待ちなど高齢化社会の弊害から、さらなる高騰が予想されます。ヘルパーに頼る在宅介護の場合は月額3万円ほどと考えても10年で360万円。
ただ24時間体制ではないでしょうし、そのぶん自分の負担が増える…ということですね。

介護費用については親自身が負担することが多いので、全額自分が払うと考える必要はありません。
また、自身で在宅介護をするなどした兄弟姉妹の誰かがのちに親の家を相続する例も多いです。

葬儀:ひとり350万円

葬儀代は喪主が支払うのが基本です。そして喪主は長子がつとめるのが定説。お香典で6~7割程度をまかなえることが多いようで、一時金の100万円ほどを用意しておけばひとまずは安心です。

また、お墓がない場合はその購入も必要。その際は墓石代と土地の永代使用料が発生します。

お墓を購入するとなると300万円以上かかることも多いそうですが、土地が不足していることもあり50万円ほどのロッカー式のお墓もあります。

65歳/老後:4,800万円

もちろんどういう生活をしたいか、するかで必要な金額は異なります。
これはあくまで月に20万円の生活費で65~85歳を生活した場合での概算です。
年金もありますが、正直ニュースなんかを見ているときちんと支払われるのかすこぶる不安に思うのは私だけでしょうか…。払いたないでぇパトラッシュ!

もちろん介護が必要になったら施設に入ったりしないといけないので、ある程度節約の意識が必要です。

まとめ

必要な金額を上記のとおり1億6,450万円とすれば…

  • 年間100万円の貯金が必要
  • 手取りで最低340万円/年はほしい

貯金のほうは39歳までは月5万で年2回のボーナス時に各20万円、40歳のマンション購入後は返済額(年間60万円)を含めて100万円というのが妥当かなと思います。


結果的に途方もない額を算出してしまい、まだ未成年だった私は白目をむいた覚えがあります。

ライフプランのなかで最後のほうはもしかしたらパートナーがいるかもしれないし、いないかもしれない。いても法制度がどうなっているか分からない。別れがあるかもしれない…。

と、まぁ考え始めるとこういうことはキリがありません
だからせめて大きな流れや枠組みくらいは頭に入れておいて、なにかを決めるときや節目などに今後の指標として思い出してもらえれば幸いです。

すこしでも後悔を減らす工夫としてお役立てください!

LGBT

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Trackback URL :

    Related Posts