8beat Studio

Wordpress, LGBT, モンハン などにまつわる小倉の頭のなか

STINGER8専用のオリジナル子テーマ「8beat Style」を配布します

2017/02/28 -

「STINGER至上最高にシンプルなテーマ」のキャッチコピーを引っさげて配布されているWordPressテーマ「STINGER8」。

カスタマイズ前提ということで、前作「STINGER PLUS+」や上位版「Affinger」に比べ既存のスタイル・機能は絞られています。
PHPどんとこい!という方にはドンピシャですが、Tech系ブログからコピペするくらい…という方にはハードルが高いかもしれません。

というわけで、少しだけ機能やスタイルを追加した子テーマを作ってみました。
主な目的はSTINGER8のバグ(?)の修正です。

STINGER8専用 子テーマ「8beat Style」について

親テーマ「STINGER8」バージョン20161206に対応

特徴と追加機能

  • カード型デザインを採用
  • SEOに強いSTINGERのHTML構造はそのまま継承
  • 記事ページにアイキャッチを表示
  • アイキャッチ画像のキャプションをクレジットとして表示
  • アバターつき「最近のコメント」ウィジェット
  • Facebook OGP、Twitter Card 設定用ファイルogp.phpを同梱
  • ユーザープロフィールに各種SNS(Twitter, Facebook, Google+, Instagram)の項目を追加
  • 執筆者情報のリッチ表示
  • 記事下に2つ連続で表示されるアドセンスをダブルレクタングル化

親テーマの修正点

  • 2016年1月25日のGoogle Code閉鎖により404だった css3-mediaqueries.jsを読み込み
  • 使途不明のクラスを削除(いじった箇所しか見ていないのでまだあるかも)
  • サイドバーのウィジェットを内包するボックスの.adを変更(検索フォームやカテゴリなど、すべてのウィジェットが広告ブロック系アドオンやアプリにより非表示にされてしまうため)
  • 階層化コメントの幅(シリーズ全般、どんどん細まって一行一文字とかになってるブログが非常に多くとにかく気になった)
  • 親テーマの読み込みを@importからfunctions.phpでの制御に修正
  • できていなかったキャプションつき画像の回り込みを修正
  • オリジナルクイックタグ「スマホに表示しないボックス」と「PCに表示しないボックス」のショートコードが登録されていなかったので修正

注意点

カード型デザインだったり、記事一覧にボタンを追加していたり、Google Fonts を利用していたり…
大体のデザインをしておくつもりでしたが、途中でそういやカスタマイズ前提なんだった!と思い出したので、コンテンツ部分の要素には手をつけていません

また、上位版である「Affinger4pro」に目玉として挙げられている機能は実装していません(営業妨害になったらアレなので)
もっと簡単に自分好みにできる機能が欲しい!という場合は、そちらの購入をご検討ください。

免責事項

子テーマ「8beat Style」を使用したことによって生じたすべての障害・損害・不具合等に関しては、私と私の関係者および私が所属するいかなる団体・組織とも、一切の責任を負いません。
ご自身の責任においてご利用ください。

※ 本子テーマの致命的なバグはご報告いただければ対応します

ダウンロード

更新履歴

  • 20170228 - 配布開始

WordPress